HOME > 病院について > 治験審査委員会より

治験審査委員会より

 札幌北楡病院では、最新・最善の医療を提供できるよう努力しています。過去の臨床研究や論文などで有効性が明らかにされた治療はevidence based medicine(EBM)(科学的根拠に基づいた医療)と呼ばれ、当院でもEBMを重視し治療を行っています。一方、より安全で有効的な治療やケアを行うためには、新たな治療法の開発が欠かせません。当院では、医療の発展と向上を目指し、患者さんを対象とした医学研究にも取り組んでいます。このような研究を行う際は、文部科学省、厚生労働省の倫理指針などに基づき、対象となる方に不利益が及ばないか、また人権が守られた内容となっているかについて治験審査委員会で審査を行い精査しています。

 患者さんを対象に研究を行う場合には、事前に十分にご説明し、同意をいただくこととしていますが、中には患者さんに直接説明・同意をいただく必要のない研究もあり、その場合は情報公開をすることとしています。例えば、検査の際に採取した尿や血液等の残余検体や、過去の診療記録を遡って調べるような研究が該当します。
 以下に情報公開が必要な研究の情報を掲示しますので、研究への参加を撤回される場合や、ご質問等がございましたら、それぞれの研究課題の問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。

臨床研究の課題名詳細
緑膿菌の薬剤感受性と抗菌薬使用量に関する多施設研究 PDF(114kb)
第12次ATL全国調査 PDF(93kb)
ページの先頭へ
開成病院 病院広報 学術