HOME診療科・部門紹介 > 部門 > 薬剤部

部門

◎薬剤部

薬剤部について はじめに 札幌北楡病院薬剤部は、患者さんへの入院中のみならず退院後まで途切れのない薬物療法の支援を目標としています。調剤や抗がん剤の無菌調製等の業務はもとより、病棟に薬剤師が常駐し他医療スタッフとの連携を強化することにより、患者さんに対する薬についてのきめ細かな対応をしています。 部門紹介 調剤室・注射調剤室・混注室 当院薬剤部は、ローテーション制を導入しており、病棟担当薬剤師を含むほぼ全員が時間交代で、外来調剤(外来透析を含む)、入院調剤、注射薬調剤、麻薬調剤、抗がん剤等の注射薬調製、薬剤師や薬学生の教育など、多岐に渡る業務を行っています。各業務は薬剤部内のみならず、診療科(病棟)、外来化学療法室、手術室、HCUといったさまざまな医療現場のスタッフと連携を図り、より安心で安全な医療の提供に貢献しています。 主な業務内容
調剤業務
処方オーダリングによる入院処方、外来処方、透析処方の調剤、処方監査(処方歴・検査値・相互作用の確認等)を実施
麻薬管理業務
緩和ケアの充実に伴い使用量・取扱品目共に増加傾向にある医療用麻薬の院内における厳密な管理を担う
注射業務
注射オーダリングによる注射薬の処方監査、患者施用毎の注射調剤を土日含む毎日実施
混注室
全診療科を対象とした中心静脈栄養(TPN)輸液の調製業務、抗がん剤調製業務(入院・外来抗がん剤調製)、レジメン管理業務を実施
病棟薬剤師 各病棟の担当薬剤師が、入院患者さんを対象に幅広い業務を行っています。担当薬剤師は基本的に病棟に常駐する体制を取り、病棟スタッフとの連携強化や、患者さんへの服薬指導を行っています。 主な業務内容
  • 患者さんやご家族への服薬指導
  • 持参薬の確認と評価、処方提案
  • 患者さん個々の全身状態を考慮した処方監査
  • 薬物療法における有効性、安全性の評価
  • 医師・看護師等への情報提供
  • TDMに基づく処方設計支援
  • ICTやNST、緩和ケア、褥瘡対策などへの参画
これらに加えて、病棟での回診、様々なカンファレンスに参加しています。また、薬剤部内でも症例検討会を行い、それぞれの知識と経験をもとに、有効で安全性の高い薬物療法に貢献できるよう取り組んでいます。 医薬品情報管理室(DI室) 医薬品情報管理室(DI室)では、医薬品の適正使用を目的として、医薬品に関する幅広い情報を行政、製薬企業、医薬品卸、学会、各種文献などから収集・評価し、各医療スタッフに最適な形で提供しています。また、システムやデータベースを活用し、情報の迅速な入手および発信に努めています。 主な業務内容
医薬品情報の収集・評価
副作用情報等の一元管理、医療スタッフに最適な形での情報提供
医薬品に関する質疑応答
問合せおよび回答内容、調査資料等を全てデータベース化
医薬品情報提供
院内電子掲示板、部内ホームページ、部内共有データベース、全職員を対象としてメール配信
医薬品集の作成
医薬品マスターメンテナンス
薬剤業務支援のためのシステム構築
臨床治験室 臨床治験室の薬剤師は、治験に参加していただく患者さんの安全性を確保するとともに、治験を円滑に進めるための治験協力者として治験をサポートしています。 主な業務内容
  • 事前打ち合わせ
  • 被験者のスクリーニング
  • 同意取得のサポート
  • 被験者への服薬指導・相談応需
  • 治験スケジュールの管理
  • 診察同行
  • 臨床検査値のモニタリング
教育 教育プログラム 入職後は、まず調剤室などの中央業務を通して、代表的な医薬品の用法用量、薬理作用や相互作用といった薬識、高カロリー輸液や抗がん剤の無菌調製の技術を習得します。
入職後6カ月目を目途に、病棟チームへ編入され、先輩薬剤師の指導のもと、患者さんとの接し方や他医療スタッフとのコミュニケーションなど、病棟薬剤師としての業務を学びます。
早期から病棟業務の経験を積むことが可能です。
2年目以降は、新入職員の教育やチーム医療への参画(各種院内委員会等)を通して、病院薬剤師としての幅広い業務を習得し、さらに専門資格取得や学会発表を通して知識の向上に努めます。
抄読会・症例検討会 薬剤部内で月1回、病棟業務に重要な薬学的知識や実際に経験した介入症例の共有を目的に抄読会・症例検討会を開催しています。ディスカッションを通して、薬剤師として、社会人として、自らの意見を持ち積極的に発言できる人材の育成に励んでいます。 病棟薬剤師カンファレンス 病棟担当薬剤師と医薬品情報管理室の薬剤師は各病棟での問題点や特殊な症例等に関して情報共有を目的として、週に1度カンファレンスを行っています。
ページの先頭へ
開成病院 病院広報 学術