HOME診療科・部門紹介 > 診療科 > 腎臓移植外科

診療科

◎腎臓移植外科

診療内容 慢性腎不全に対する根本治療である腎臓移植を安全・確実に行うことを目指して診療しています。当院の開設時から腎臓移植を行ってきましたが、2009年10月から選任医師を迎え、腎臓移植外科を開設してより高度な腎臓移植に取り組んでいます。2010年4月には腎臓内科の開設、専任移植コーディネーターの設置を行いました。
最近では夫婦間における腎臓移植や血液透析などの腎臓代替療法を導入する前の先行的腎移植を希望される方が増えています。また、血液型不適合、高齢者、糖尿病の腎移植にも積極的に取り組んでいます。
腎臓移植外科の開設から2012年10月まで、生体腎移植45例、献腎移植2例を行いましたが、生存率100%、生着率96%と良好な成績です。
腎移植をご希望の方ばかりでなく、腎移植に関わるご質問も受け付けていますので気楽にご相談ください。最初に当院の移植コーディネーターがお話を伺いますが、腎移植専門医のコンサルトを受ける場合もあります。
所属医師の紹介
氏名

卒業年度
役職名

専門分野
資格・認定医など
三浦 正義
平成6年
腎臓移植外科部長
腎臓移植、泌尿器科疾患
日本臨床腎移植学会認定医、日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本がん治療認定機構認定医、日本Endourology・ESWL学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
東山 寛
平成9年
泌尿器科医長
泌尿器科
日本泌尿器科学会指導医、日本泌尿器科学会専門医、日本臨床腎移植学会認定医
土橋 誠一郎
平成6年
部長
消化器外科、腎臓移植、内視鏡外科
日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本臨床腎移植学会認定医、日本がん治療認定機構認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本移植学会移植認定医
ページの先頭へ
開成病院 病院広報 学術