HOME診療科・部門紹介 > 診療科 > 歯科

診療科

◎歯科

診療内容 当科は口腔外科ではないので、一般的な歯科医院で行っている治療と同じです。主に虫歯、歯周病、欠損補綴(ブリッジ、入れ歯など)に対する歯科治療を行っています。当科の特徴は、全身疾患を持った患者さんが多いことです。特に力を入れていることは、造血幹細胞移植や臓器移植を受ける患者さん、抗がん剤治療を受ける患者さん、または透析を受けている患者さんの口腔内管理です。このような患者さんは、免疫反応やお薬の副作用によって、口腔内に不快症状が出現する可能性が高く、また全身状態によっては歯科治療を中止しなくてはいけない場合もあります。このため、外科や内科の担当医と緊密に連携をとりながら診療を行っています。
主な疾患 虫歯、歯周病などは行っていますが、インプラントなど治療ができないものもあります。下の表をご確認ください。
当院で行っているもの
行っていないもの
歯科用レーザー
歯科用レーザー
虫歯
歯周病(外科処置を含む)
入れ歯
顎関節症
矯正
インプラント
症例数
症例件数
歯周病管理件数
抜歯本数
義歯作製数
顎関節症件数
手術前後の
口腔内管理件数
H23年度
3427例
707件
227件
77件
6件
0件
H24年度
3598件
753件
174件
70件
2件
23件
H25年度
4004件
692件
172件
93件
12件
43件
H26年度
4023件
570件
118件
65件
18件
50件
H27年度
4110件
519件
198件
69件
11件
44件
H28年度
4621件
555件
240件
76件
6件
141件
※口腔内管理で行っている内容は、管理計画書を作成し、それに基づき医科と歯科で連携をとり、口腔内の変化や変化への対策を考えることです。平成24年度から管理計画書の作成を始めました。
23年度口腔内管理数0となっていますが、これは管理計画書を作成していないだけで、現在と同じ内容の管理を手術の前後の患者さんに行っています。
所属医師の紹介
氏名
役 職 名
資格など
加藤 剛士
医 員
歯学博士、北海道大学専門研究員
大畑  昇
顧 問
北海道大学名誉教授
原田 晴子
衛生士
口腔機能向上支援認定歯科衛生士
ドライマウス研究会指導士
今田美恵子
衛生士
ドライマウス研究会指導士
ページの先頭へ
開成病院 病院広報 学術